院内感染対策

院内感染と聞くとゾッとしてしまうかもしれませんが、私たちの手指や使用した器具がしっかりと消毒されていなければ、ウィルス感染などのリスクをお互いに背負い込むことになります (むし歯や歯周病も細菌感染が原因の一つです) 。

ちなみに、消毒にはその徹底度合いから次のような区分があります。

ご存知ですか? 殺菌と滅菌の違い

種類 目的 使用する方法
殺菌 有害な微生物のみ死滅させること 薬剤、紫外線
滅菌 すべての微生物を死滅させること オートクレーブ、薬剤

微生物とは、細菌・真菌(カビ)・ウィルスの総称で、これらのうち真菌とウィルスはアルコールやその他の一般的な消毒薬では死滅させることは不可能です。

ディスポーザブル製品の使用

可能なものはディスポーザブル(使い捨て)製品のものを使用しています(ある意味、これ以上清潔なものはありません)。

みなさんが直接ふれるもの:紙コップ、エプロン、ペーパータオル
治療に使用するもの:ゴム手袋、注射針、メス刃

スリッパの殺菌

埼玉県の歯医者ヤスダ歯科|スリッパの殺菌

使用したスリッパは紫外線殺菌灯で殺菌しています。

手指の滅菌

埼玉県の歯医者ヤスダ歯科|手指の滅菌

これまで、手指の滅菌は非常に困難でした。

というのも、手についている微生物を完全に殺してしまえる薬剤は、私たちの手指にもかなり害があり、またその薬液がついた手でみなさんのお口の中を触るのは危険があったためです。

近年、水道水を電気分解して滅菌効果を発揮させる方法が大阪大学の研究チームで開発されました。

これはBK(バクテリア・キラー)水と呼ばれているもので、ほとんど全ての微生物(バイ菌・カビ・ウィルス)を死滅させる効果(=滅菌)があります。当院ではこのBK水を手指の滅菌に使用しています。

器具の滅菌

1度使用した器具は次の順序で滅菌します。

薬液による滅菌

埼玉県の歯医者ヤスダ歯科|薬液による滅菌

1. 水洗
水洗にて器具の汚れを大まかに落とします。

2-1 熱をかけられないもの[薬液(グルタラール)による滅菌]

グルタラールアルデヒド溶液に浸漬します。

2-2 熱をかけられるもの[器械(オートクレーブ)による滅菌]

オートクレーブ

埼玉県の歯医者ヤスダ歯科|オートクレープ

(1)お口の中で使用する基本器具(ミラーやピンセット)を、器械滅菌用のパックに包装します。
(2)器械(オートクレーブ)による滅菌
121℃・2気圧の環境に20分以上置くと、器具に付着している全ての微生物を死滅させることができます。
(3)使用時に滅菌パックを開封して使います(開封するまで滅菌状態は維持されます)。

埼玉県の歯医者ヤスダ歯科|ドリルの滅菌

※ドリルの滅菌
歯を削るのに使うドリルは、使用の度ごとに、121℃の高温のオイルに浸漬して滅菌しています。
ドリルの滅菌

空気清浄機

埼玉県の歯医者ヤスダ歯科|空気清浄機 院内の換気にも気をつけています。
この空気清浄機は家庭用ではなく、強力な集塵能力を誇る業務用のものです。
その効果は4つ
1. 脱臭: 不快なにおいの96%を分解
2. 化学物質分解: 環境ホルモンとされているホルムアルデヒドを分解
3. 除菌: 空気中の細菌・カビを99.99%除去
4. アレルゲン除去: ダニ・花粉を99.6%除去